ファイト!ふぁいと!Fight!

116194
なんでも一言、書いていってね!
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

大柳川渓谷の紅葉 - とんちの写真館 URL

2017/11/23 (Thu) 06:00:47

さくらさんお早うございます。

この渓谷山梨県南巨摩郡富士川町にある大柳川渓谷と言うところ。5つの美しい滝や奇岩、そして深い渓谷を繋ぐ10本の吊り橋と紅葉の見所沢山の渓谷。撮友2名を案内して久しぶりの渓谷、紅葉まつりは19日に終わり、紅葉はすでに終盤冬の装いの薄氷も見られ、しかし滝、吊り橋、渓谷美多いに自然を満喫することが出来た。

タマちゃん - とんちの写真館 URL

2017/11/22 (Wed) 06:20:24

さくらさんお早うございます。

6月北八ヶ岳地獄谷にて撮影した「タマゴケ」の蔵出し画像ですみません。苔の中でも1、2を争うカワイイ苔。そのキュートすぎる姿は、最近話題の苔女子からも絶大な人気それが「タマゴケ」ですからあえての投稿となります。コケは、葉の見た目はスギゴケに似ていますが、色は若草色~黄緑色でスギゴケよりも淡く、葉も柔らかです。

エビゴケ - とんちの写真館 URL

2017/11/21 (Tue) 06:12:56

さくらさんお早うございます。

今朝のお届けは「エビゴケ」です。エビゴケは エビゴケ科、エビゴケ属。日本には1属1種しかないのだという。火山地帯の崖に生えるらしいのだが、日本の生息地域は限られているとも言う。名前の由来は葉の先の細い物がエビの触角に似ているところから付いたとか。標高1,500mくらいの場所の岩に生えているコケ。「海老苔」実物を見て言われてみれば納得、確かにエビの姿に見えてくる。良く見ると、テープのような細長い葉の先にエビの触角を思わせる細長いものが。

ダチョウゴケ - とんちの写真館 URL

2017/11/20 (Mon) 05:50:31

さくらさんお早うございます。

今日のお届けは蔵出し画像今年の「ダチョウゴケ」のお届けです。このコケの特徴は茎が斜めに10cmくらい立ち上がり規則正しく羽状に枝を分け美しいコケです。名前の由来は佇まいがダチョウの羽にに見えてくるところからとか。 動物の名前がつくコケは愛嬌があるものが多い感じがしますね。

宝剣岳千畳敷初冬の風景 - とんちの写真館 URL

2017/11/19 (Sun) 06:15:39

さくらさんお早うございます。

駒ヶ岳ロ-プウェ-の紅葉も終わり、下から見る千畳敷もいよいよ真っ白に。高山の初冬の様子を撮影したく、撮友2名と宝剣岳千畳敷まで足を運んでみた。快晴申し分の無い天候、外は推定積雪30cm登山道は坪足で歩ける位に踏み固められては居たが足跡を外すと膝位まで沈む、気温も1度位快適な撮影ができた。今回期待していたエビの尻尾は小さく期待はずれだった。今度は積もった雪が、風の力によって出来る波状の風紋。カール全体に柔らかい風紋の撮影に訪れてみたい。

カラフトキンモウゴケ - とんちの写真館 URL

2017/11/17 (Fri) 05:53:45

さくらさんお早うございます。

カラフトキンモウゴケのその後をと思い見に出掛けてみた。するとどうでしょう、新しい胞子体の姿が見られ、朔が立派に毛に覆われ、おはこの金色に輝くのは湿気のため判らんが白く見えていた、いずれにせよこの状態でこの冬越冬する姿かと思われ、来春が楽しみだ。

パチンコファン感謝祭 - ( ◠‿◠ ) URL

2017/11/16 (Thu) 13:43:34

こんにちは。
11月17日 ベニス天満店に来てね。

o@(^-^)@o。こんにちわ~ - あさや~ん URL

2017/11/16 (Thu) 12:48:57

名古屋港開港110周年記念 練習帆船「日本丸」「海王丸」同時寄港
・名古屋市港区の名古屋港で11日、練習帆船「日本丸」(2570トン)と「海王丸」(2556トン)が帆を張る訓練「セールドリル」を行い、約1万5000人の市民らが見物に訪れた。
・天気は夜明けに雨が降ったのですが、午前中から青空が広がりよかったのですが、風が強く折からの強風で、一部を張っただけで安全を考えて、急きょ帆をたたむことになりましたが、セイルドリルの日は今までは穏やかでいい日ばかりでしたので、今年はちょっと残念でしたね!!

夜景 - とんちの写真館 URL

2017/11/16 (Thu) 05:57:31

さくらさんお早うございます。

用事の帰り王城第一展望台に回り久しぶりの八ヶ岳をシルエット夜景をと思いよってみた、生憎の寒い吹きさらしの場所暮れるのを待つこと1時間の余、周囲では鹿の鳴き声誰も居ない暗闇のなか、よほどの物好きと自分でも感心そそくさと撮影してみたが、八ヶ岳は曇をかぶり想像した写真とまでは行かず残念の結果の撮影となった

チシマシッポゴケ - とんちの写真館 URL

2017/11/15 (Wed) 06:03:57

さくらさんお早うございます。

北八ヶ岳自然林に生育する苔に「チシマシッポゴケ」がある。この苔の特徴は葉が披針形で先は細く長く伸びて弱く鎌形にまがり、皆傾斜下方向に葉がなびき、実にお行儀の良いコケを見る事ができ、この姿を見ていると心がやわらかく和む気がして、その場にじっと苔の絨毯をながめて居たい気分にさせてくれるコケだ。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.